日本語

企業情報

  1. 沿革

沿革

1950

1954年 大松電気株式会社を東京都目黒区上目黒5丁目2596番地に設立
テストオシレーターLSG-100を開発
1955年 オーディオ発振器LAG-55を開発
オーディオ発振の名器といわれ超ロングランを続けた
  • LSG-100

1960

1960年 神奈川県横浜市の現住所に移転
1963年 大阪営業所を開設
1965年 パターンジェネレータLCG-388を開発
放送、映像分野への参入を開始
1966年 リーダー電子株式会社(LEADER ELECTRONICS CORPORATION)に社名変更
1969年 米国に現地法人LEADER INSTRUMENTS CORPORATIONを設立

1980

1981年 波形モニターLBO-5860、ベクトルスコープLVS-5850を開発
本格的に放送、映像分野に参入、今日のリーダーの礎を築く
1985年 科学技術庁科学技術振興局より創業者の大松繁が「科学技術功労者」として表彰
1985年 ミニビデオモニターLVM-5863Aを開発
1988年5月、世界で初めての世界最高峰「チョモランマ」山頂からの生中継に採用
1986年 本社本館ビルを新築
  • LVS-5850 / LBO-5860
  • LVM-5863A

1990

1991年 デジタル信号発生器411Dを開発
5860Dと伴に放送局のデジタル化に貢献
日本証券業協会店頭登録銘柄として株式売買開始
世界初ワンタッチ電測、シグナルレベルメーター951を開発
1994年 国際品質保証規格ISO9002認証取得
1995年 世界初のデジタルハイビジョン波形モニターLV5150Dを開発
1998年 国際品質保証規格ISO9001認証取得
  • LV5150D

2000

2000年 シグナルレベルメーターLF982を開発
公益財団法人日本デザイン振興会より「グッドデザイン賞」を受賞
2002年 マルチSDIモニターLV5700を開発
波形モニターとして初めてカラー液晶を採用、波形モニターが高機能化する先がけとなる
2003年 中国に北京駐在事務所を開設
2004年 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
マルチSDIモニターLV5750を開発
小型波形モニターの先がけとなる
2005年 本社社屋を建て替え、本社機能に加え研究施設を統合
2006年 中国北京にサービスセンターを開設
2008年 金沢テクノセンターを開設
  • LF982
  • LV5700

2010

2014年 世界初の4K波形モニターLV5490を開発