日本語

チェンジオーバー LT 4448

  • 3G SDI
  • HD SDI
  • SD SDI

LTC信号に対応 / 2重化電源により信頼性を向上

  1. LT 4448 チェンジオーバー
チェンジオーバー LT 4448
  • 概要
  • ダウンロード

LT 4448は、2系統の入力信号を接続しておき、故障などで不具合が生じたときに入力信号の振幅で異常を検出し、自動的に予備側に信号を切り換えるチェンジオーバーです。
1台で11組のBNCとLTCのチャンネルを持ち、SDI信号、NTSC/PALブラックバースト信号、HD 3値同期信号、AES/EBUデジタルオーディオ信号、ワードクロック信号、LTC信号に対応しています。
LT 4610(シンクジェネレーター)と組み合わせて使用することが可能です。

特長

  • 1台で11組(PRIMARY入力、BACKUP入力、OUTPUTで1組)のチャンネルを装備しています。
  • チャンネル1~2のプライマリ信号とバックアップ信号の切り換えには、リレーによる切り換えを採用。チャンネル3~11のプライマリ信号とバックアップ信号の切り換えには、電子スイッチによる高速切り換えを採用し、LTCは3系統のプライマリ信号とバックアップ信号の切り換えが可能です。
  • 入力信号の種類が選択可能です。チャンネル1~2では、SDI信号(3G、HD、SD)、NTSC/PALブラックバースト信号、HD3値同期信号から選択で、チャンネル3~8では、NTSC/PALブラックバースト信号とHD3値同期信号から選択できます。チャンネル9、10は、AES/EBUデジタルオーディオ信号専用です。チャンネル11は、ワードクロック信号専用(TTL入力)です。LTCチャンネルは、LTC信号専用(2Vp-p差動入力)です。
  • LTCチャンネルは3系統各2入力(プライマリ、バックアップ)、3系統1出力(アウトプット)が可能です。また、LT 4610(シンクジェネレータ)とLTCケーブル(別売品)で接続できます。
  • 接続するシステム信号源の立ち上がり時間に合わせて、電源を入れてからフォールト検出を開始するまでの時間を、約1分/約4分の2種類から選択できます。
  • 電源を2重化しており、信頼性を向上。異常時にはアラームで通知します。
LT 4610×2台と組合せ

背面パネル

カタログ
取扱説明書
外観図

一部技術情報のダウンロードには、My Leaderへのログインが必要になります。

アカウントをお持ちの方は以下よりログインを、お持ちでないの方は新規登録のうえご利用ください。

対応アクセサリー