日本語

ラスタライザー LV7600

  • 4K
  • 12G SDI
  • 3G SDI
  • HD SDI
  • SD SDI
  • HDR
  • IP

ZENシリーズ
SDI信号、IP信号に対応したハイブリッドタイプ
25G 4K-IP オプション NEW!!
ノイズメーター オプション NEW!!

  1. LV7600 ラスタライザー
ラスタライザー LV7600
  • 概要
  • オプション
  • ダウンロード

LV7600は、4K/HD/SDのSDI信号およびIP信号に対応したハイブリッドタイプのラスタライザーです。 1Uフルラックの筐体にLV5600と同じ機能を備えたラスタライザーです。

特長

  • 多彩な信号入力に対応
    SD-SDI,HD-SDI,3G-SDI,12G-SDIシングルリンク、3G-SDIデュアルリンク/クワッドリンク、HD-SDIクワッドリンク、IP(ビデオオーバーIP)対応。
    25Gb/s 4K-IP入力にも対応!!
  • 優れた操作性
    タッチパネル機能搭載の7インチフルHDパネルを採用。
  • アイパターン表示
    SD-SDIから12G-SDIまでSDI信号の物理層測定であるアイパターン表示、ジッター表示が可能。
  • カスタマイズ可能なレイアウト
    入力信号のビデオ信号波形、ベクトル波形、ピクチャーなど様々なアイテムをお好みのサイズで自由な位置にレイアウト可能。
  • SDI信号発生機能
    SDI信号発生をHD-SDIから12G-SDIまで対応。
  • IPテストパターン信号発生機能
    IP伝送規格(SMPTE ST 2110-20/30/31/40)に対応し、HD、4K(3840x2160)のテストパターンを発生。
  • HDR
    HDR信号のレベル監視やOOTFを考慮したディスプレイにおける想定輝度(cd/m2)でのレベル管理が可能。
  • ビデオノイズメーター
    入力されたSDI信号の輝度信号、またはRGB信号に含まれるビデオノイズを測定。
  • フォーカスアシスト
    非線形超解像技術を応用した新しいフォーカス検出アルゴリズムを開発し、従来、検出の難しかった低コントラストの映像でも、感度良くフォーカスを検出可能。

背面パネル

  • ハードウェアオプション一覧
    型番 機種名 機能
    LV5600-SER01 SDI INPUT SD, HD, 3G SDI 入力 *1
    LV5600-SER02 SDI INPUT/EYE SD, HD, 3G SDI 入力とアイパターン表示 *1
    LV7600-SER03 DIGI/ANA AUDIO デジタル/アナログ音声入出力と表示
    LV7600-SER04 DOLBY Dolby Digital, Dolby E デコード機能 *2
    LV7600-SER05 IP INPUT IP 入力 *1
    LV7600-SER06 4K-IP INPUT 25Gb/s  4K-IP 入力 *1

    *1 LV7600にはLV5600-SER01、LV5600-SER02、LV7600-SER05、LV7600-SER06のいずれか一つが必要です。LV5600-SER01、LV5600-SER02は、LV5600と共通オプションです。
    (LV5600-SER01とLV5600-SER02は、どちらか一方を選択。LV7600-SER05とLV7600-SER06は、どちらか一方を選択。)
    *2 LV7600にはLV7600-SER03が必要です。

  • ソフトウェアオプション一覧
    型番 機種名 機能
    LV7600-SER23 HDR HDR測定機能
    LV7600-SER24 TSG SDI信号発生機能 *1
    LV7600-SER25 FOCUS ASSIST フォーカスアシスト表示機能
    LV7600-SER26 LAYOUT カスタムレイアウト機能/ディスプレイアサイメント機能
    LV7600-SER27 TALLY ID/アイリス/タリー表示機能
    LV7600-SER28 4K 4K(3G-Quad、3G-Dual、HD-Quad)映像信号対応機能 *2
    LV7600-SER29 12G-SDI 12G-SDI、6G‐SDI対応 *3
    LV7600-SER30 NOISE METER ビデオノイズメーター
    LV7600-SER32 4K-IP TSG 4K対応 IPテストパターン信号発生機能

    *1 3G(DL)-4K 信号、3G(QL)-4K 信号を出力する場合、LV7600-SER28が必要です。
    *2 12G-4K 信号を出力する場合、LV7600-SER28 とLV7600-SER29 が必要です。
    *3 LV7600にはLV7600-SER28が必要です。

  • LV5600-SER01 | SD, HD, 3G SDI 入力
    LV5600-SER02 | SD, HD, 3G SDI 入力とアイパターン表示
    各種SDI信号を表示することができるユニットです。LV5600と共通オプションです。
    • 映像解析機能
      各種映像信号は、映像信号波形表示、ベクトル表示、ピクチャー表示、5BAR表示、CIE色度図表示やCINELITEⅡなど多彩な表示に加え、フリーズエラー、ブラックエラー、ガマットエラー検出機能等映像信号の品質管理(QoE)機能を標準搭載しています。
    • 音声解析機能
      SDI信号にエンデベッドされた音声信号をレベル計表示できます。
      ※LV7600-SER03を追加するとリサージュ、サラウンド、ステータスの表示ができます。
    • SDI信号データ解析機能
      ステータス表示には、CRC やエンベデッド音声のエラー検出機能を備えています。また、イベントログ、データダンプ、位相差測定機能も備え、SDI 信号の解析ができます。
    • スクリーンキャプチャー機能
      表示画面を静止画データとして取り込むスクリーンキャプチャー機能 を備えています。取り込んだデータは、本体での表示はもちろん、入力信号との比較や USB メモリーに BMP 形式で保存できるので、パ ソコンでの確認が可能です。
    • フレームキャプチャー機能
      SDI 信号16フレーム分を取り込むフレームキャプチャー機能を備えています。手動で取り込む方法と、エラー発生時に自動で取り込む方法があります。
    • フレームキャプチャービューワー(無償WINDOWS ソフト)
      フレームキャプチャー機能で取り込んだデータの検索、エラーサーチ、CSVへのエクスポートが可能です。
    • タイムコード表示
      SDI信号に重畳されているタイムコードを表示できます。タイムコードはイベントログのタイムスタンプとしても使用できます。
    • 入出力端子
      SDI入力端子  BNCコネクター 4端子
      SDI出力端子  BNCコネクター 4端子(本体標準装備)
      出力リクロック信号
      入力端子のSDI信号をそれぞれ出力端子にリクロック出力。
      出力端子1は、入力端子の信号を切り換えてリクロック出力可能。
    • 音声レベル計(8ch)
      エンデベッド音声 SMPTE ST 299,SMPTE ST 272 48kHz / 24bit / L-PCM
      同期条件 ビデオクロックにすべて同期。 入力するSDI信号は全て同期。

      ※LV7600-SER03を追加すると16chに対応。

    • クローズドキャプション表示機能
      SDI信号に重畳されたCEA-608、CEA-708クローズドキャプション、テレテキスト、OP47サブタイトルのデコード表示ができます。
    • 日本語字幕簡易表示機能
      ピクチャー画面上に日本語字幕を簡易表示 (HD、SD、アナログ、携帯字幕を選択表示。言語1、2 を選択表示。)
      対応規格 ARIB STD-B37 ショートフォームデータ
    • CIEチャート表示機能
      ITU-R BT.601、ITU-R BT.709、ITU-RBT.2020 カラリメトリに対応した色度図表示機能です。表示モードは、CIE 1931(xy表示)とCIE 1976(u’v’表示)に対応しています。CIEEチャート表示機能は、2つの色域を表示できますので、BT.2020に対応した機材を使用して BT.709の色域に抑えたい場合や、BT.709の色域を超えるコンテンツの確認に使用することができます。
      カラー表示では、映像信号にある(ピクチャー上にある)色を用いて色度点を表示します。 カーソルにて色度点がポイントで測定可能です。
    • アイパターン表示( LV5600-SER02)
      SDI 信号のアイパターン波形やジッター波形、各パラメー タの測定結果を表示できます。入力端子1のみアイパターン表示に対応しています。
  • LV7600-SER03 | デジタル/アナログ音声入出力と表示
    • 音声解析
      リサージュ表示、サラウンド表示、ミュートやクリップエラー検出、ラウドネス測定等が可能になります。各種解析表示も可能で、1つの SDI 信号から16ch、また は4つの SDI 信号から4ch ずつ、同時に表示できます。
    • エンデベッド音声
      対応規格 SMPTE ST 299,SMPTE ST 272 48kHz / 24bit / L-PCM
      同期条件 ビデオクロックにすべて同期していること。 入力するSDI信号は全て同期していること。
    • 外部入力音声
      対応規格 AES-3id
      同期条件 外部入力音声は全て同期していること。
    • デジタル音声入出力端子
      外部デジタル入出力によりAES/EBU音声信号対応が可能になります。
      入出力端子 DIN 1.0/2.3コネクター
      入出力端子数 グループA 4端子8ch
      グループB 4端子8ch
      入出力の切り換え グループ(4端子8ch)ごとに切り換え
  • LV7600-SER04 | Dolby Digital, Dolby E デコード機能
    LV7600-SER03と組み合わせることでDolby E、Dolby Digital、Dolby Digital Plusのデコード表示が可能になります。
  • LV7600-SER05 | IP 入力
    IP信号SMPTE ST 2022-6(非圧縮)やSMPTE 2110-20(非圧縮)におけるHDおよび2K映像フォーマットの映像信号に対応しています。
    • 映像解析機能
      各種映像信号は、映像信号波形表示、ベクトル表示、ピクチャー表示、5BAR表示やCIE色度図表示、CINELITEⅡなど多彩な表示に加え、フリーズエラー、ブラックエラー、ガマットエラー検出機能等映像信号の品質管理(QoE)機能を搭載しています。
    • 音声解析機能
      IP信号に重畳された音声信号をレベル計表示できます。
    • 伝送品質解析機能
      パケットロスやチェックサムエラー、パケット不連続などの伝送エラーの監視と共にパケットジッタ等、IP化によって見えづらくなった伝送品質(QoS)監視機能を強化しています。
    • キャプチャー機能
      表示画面を静止画データとして取り込むスクリーンキャプチャー機能を備えています。また、フレームキャプチャー機能も備えており、アクティブ映像期間の1フレーム分を取り込むことができます。
    • タイムコード表示
      IP信号に重畳されているタイムコードを表示できます。タイムコードはイベントログのタイムスタンプとしても使用できます。
    • 入力映像フォーマット
      対応IP規格 SMPTE ST 2022-6,SMPTE ST 2110-20 対応フォーマット 1080(60,59.94,50 I/P)、720(60,59.94,50 I/P)、576(50I)、487(59.94I)、(YCBCRY4:2:2/10bit)
    • 入力音声フォーマット
      対応規格 SMPTE ST 2022-6,SMPTE ST 2110-30
      サンプリング周波数 48kHz
      量子化精度 24bit
      対応フォーマット L-PCM / Dolby-E / Dolby Digital / Dolby Digital Plus
      クロック生成方式 ビデオクロックより生成
      同期条件 映像信号に同期していること。
      IP音声分離チャンネル最大16chを分離して表示

      ※L-PCMはLV7600-SER03のオプション実装が必要です。

      ※Dolby対応はLV7600-SER03/04のオプション実装が必要です。

    • 入力端子
      入力端子 SFP+
      端子数 2
      対応規格 10GBASE-SR / 10G BASE-LR

      ※SFP+トランシーバーは別売品です。

    • 補助データ
      対応規格 SMPTE ST 2110-40
  • LV7600-SER06 | 25Gb/s 4K-IP 入力
    10G / 25G のIP入力に対応しています。
    • IPフォーマット対応
      IPフォーマット(SMPTE ST 2022-6、SMPTE ST 2110-20/30/40)に対応し、受信しているストリームの映像、音声を表示します。HDは4ストリーム、4Kは1ストリームのデコードが可能です。
    • ネットワーク同期
      PTP(Precision Time Protocol)に同期して受信したストリームの映像、音声を表示します。
    • 冗長方式対応
      SMPTE ST 2022-7の冗長方式に対応し、シームレスな信号切り替え表示が可能です。
    • パケットジッタ測定
      IPストリームのパケット到着間隔を測定し、時間的な揺らぎをグラフィカルに表示します。
    • IPパケットのステータス表示
      IPパケットのソースアドレス、ディスティネーションアドレス、プロトコル等の情報を表示します。また、10G/25Gイーサーネットのトラフィックをグラフィカルに表示します。
    • PTPパケットのステータス表示
      PTP時刻情報、ネットワーク遅延情報をグラフィカルに表示します。
    • IPからSDIの変換出力
      IPのストリームで入力した映像信号をSDIに変換して出力します。
    • パケットキャプチャー
      受信しているIPパケットをキャプチャーしてPCAPのファイルでUSBメモリに保存します。
    • パケットヘッダ解析
      選択したストリームのパケットヘッダ情報を表示します。
    • ポート毎の遅延表示
      SMPTE ST 2022-7に対応した入力ポート毎のストリームの遅延を表示します。
    • バッファ測定
      ストリーム毎の受信しているパケット数からバッファ量の測定をします。
    • 入力端子
      入力端子 QSFP+/QSFP28
      端子数 2 *
      対応規格 10GBASE-SR / 10G BASE-LR
      25GBASE-SR/25GBASE-LR

      ※1 2つの入出力端子は上記の対応規格を揃えてご使用ください。

  • LV7600-SER23 | HDR 測定機能
    ITU-R BT.2100で規定されているHLGやPQのほか、S-Log3に対応したHDR信号のレベル監視やOOTFを考慮したディスプレイにおける想定輝度(cd/m2)でのレベル管理ができます。映像信号波形表示はIREスケールに加えたHDRスケールに対応し、シネゾーン表示では、SDR領域をモノクロ、HDR領域を明るさに応じた色で表示することで、HDR領域の輝度分布を容易に確認できます。
    • HDR ゾーン表示
      SDR 領域をモノクロ、HDR 領域を明るさに応じた着色を行うことで、HDR 領域の輝度分布を容易に確認することができます。
    • HDR スケール
      WFM やヒストグラムをHDR スケールに対応させることで、シーンリニア時の明るさで映像を管理することができます。
    • HDR波形表示
    • HDR測定ポイント
      測定ポイントの十字カーソルは自由に移動でき、最大3ポイントまで同時に測定可能です。
    • 対応規格
      ITV-R2100(HLG; Hybrid Log Gamma、PQ カーブ)、S-Log3
    • 対応フォーマット
      SD、XYZ 入力を除くすべてに対応しています。
  • LV7600-SER24 | SDI 信号発生機能
    SDI信号発生機能は、HD-SDIから12G-SDIまで対応できます。パターンはHDマルチフォーマットカラーバーや4Kマルチフォーマットカラーバー、任意のレベルを指定できるフラットフィールドパターンが選択でき、ムービングボックスのオーバーレイやエンベデッド音声の多重にも対応しています。
    3G-SDIクワッドリンクの4Kパターンでは、各リンクの位相をずらして出力することができるため、受信機器の引き込みマージンを確認することができます。
    なお、12G-SDIのSDI信号発生機能は4Kおよび12G-SDIオプションが必要です。(LV7600-SER28/LV7600-SER29)
    • 出力パターン
      100%カラーバー、75%カラーバー、HDマルチフォーマットカラーバー、ARIB 4Kマルチフォーマットカラーバー(簡易フォーマット)、カラーラスター、クロスハッチ、10ステップ、リミットランプ、パソロジカル、リップシンクパターン
    • スクロール
      方向 8方向 (上下左右とその組み合わせ)
      スピード範囲と単位 1フレーム(フィールド)あたり4~124ドット4ドット単位
      ムービングボックスON/OFF 色: HITE,YELLOW,CYAN,GREEN,MAGENTA,RED,BLUE,BLACK
      スピード:1 ~ 3
    • エンベデッド音声
      重畳チャンネル数 最大16ch
      重畳のON/OFF 音声グループ単位でON/OFF
      音声レベル -20dBFS、-18dBFS、0dBFS、Mute
      ※フレームレート 60,59.94,30,29.97Hzの水平4096/2048 ピクセルフォーマットは8chのみ多重
  • LV7600-SER25 | フォーカスアシスト表示機能
    非線形超解像技術をベースに新しいアル ゴリズムを実現した、フォーカス検出機能です。従来、検出が難しかった低コントラストの映像でも、感度良くフォーカスを 検出できます。また、感度は映像シーンに合わせて、5段階から選択できます。
  • LV7600-SER26 | カスタムレイアウト機能
    • カスタムレイアウト機能
      入力信号の映像信号波形、ベクトル波形、ピクチャーなど様々なアイテムをお好みのサイズで自由な位置にレイアウトすることができます。最大4入力までの複数入力信号を同時に表示したり、1つの入力信号を複数画面に表示することができます。
    • ディスプレイチャンネル機能
      1~4入力端子のSDI入力信号をA~Dの表示チャンネルに割り当てることが出来ます。この時、1つのSDI入力信号を複数の表示チャンネルに割り当てることで、複数の表示形式で映像信号を監視できます。例えば、SDI入力1に入力された信号を表示チャンネルAにコンポーネントビデオ波形を表示し、表示チャンネルBにコンポジットビデオ波形を表示することができます。
  • LV7600-SER27 | ID/アイリス/タリー表示機能
    RS-422/485端子のシリアル通信によって、カメラのIDやアイリス、タリーの表示ができます。リモート端子によるタリー表示の高速切替えもできます。
  • LV7600-SER28 | 4K 映像信号対応機能
    3G-SDIデュアルリンクおよびクワッドリンク、HD-SDIクワッドリンクの4K映像フォーマット信号に対応しています。
  • LV7600-SER29 | 12G-SDI対応
    12G-SDIシングルリンクに対応可能です。また、4K映像フォーマットは、12G-SDIシングルリンク入力の際、最大4系統の切り換え表示、3G-SDIデュアルリンクの際は最大2系統の切り換え表示ができます。
    ※ LV7600-SER28、LV7600-SER28のオプション実装が必要です。
  • LV7600-SER30 ビデオノイズメーター
    入力されたSDI信号の輝度信号、またはRGB信号に含まれるビデオノイズを測定する機能です。
    • さまざまなフォーマットに対応
      LV 7600で入力できるすべてのフォーマットにて測定が可能です。(IP/12G/3G/HD/SD)
      ※対応するSDIフォーマットはLV 5490仕様に準じます。
    • ノイズ測定周波数帯域
      周波数帯域を選択可能なローパスフィルタが実装されており、ノイズ測定の際に高周波数帯域の成分を取り除くことが可能です。
    • フルデジタル処理
      入力されたSDI信号から得たデジタルデータをアナログ変換せずにノイズを測定するために、高精度高安定な測定を行うことができます。
    • 測定ウィンドウ
      ピクチャー表示画面にて、ノイズを測定するウィンドウを設定することができます。ウィンドウはサイズ、領域を1ピクセルまたは1ライン単位で設定することができます。
      レンズの影響などでビデオレベルがフラットでない場合は、測定ウィンドウをできるだけフラットなエリアを選択して測定することができます。
    • アラーム機能
      ノイズレベルが設定された閾値を越したときに、アラーム表示を出すことが可能です。
    • カメラを接続して直接測定
      カメラをつなぐだけでノイズレベル値が測定できます。
  • LV7600-SER32 | 4K-IP対応 IPパターンジェネレータ―
    IP伝送規格(SMPTE ST 2110-20/30/31/40)に対応し、HD、4K(3840x2160)のテストパターンを発生可能なIPテストパターン信号発生機能です。
    • IPフォーマット対応
      IPフォーマット(SMPTE ST 2110-20/30/40)に対応した、テストパターン信号のストリームを発生可能です。
    • ネットワーク同期
      PTP(Precision Time Protocol)に同期して映像、音声のテスト信号を発生可能です。
    • パケットエラー
      パケットロスやパケットのエラーを発生させることが可能です。
    • パケットジッタ
      テスト信号にパケットジッタを付加することが可能です。
  • LV7290 | リモートコントローラー
    LV7290は、LV7600の遠隔操作を可能にします。 1ユニットで最大8台までの制御が可能です。
    寸法: ≤ 482 (W) X 44 (H) X 110 (D) mm (突起物を除く)
    質量:1.2 kg
カタログ
取扱説明書
LV7600 製品仕様書
会員限定
外観図
ファームウェア
LV5600/LV7600/LV5300/LV5350/LV7300 ファームウェア Ver.3.1
会員限定

一部技術情報のダウンロードには、My Leaderへのログインが必要になります。

アカウントをお持ちの方は以下よりログインを、お持ちでないの方は新規登録のうえご利用ください。